ほうとうって何? | 山梨で人気のあるグルメを紹介!ぜひ食べてみてください

ほうとうって何?

海岸に置かれたサングラス

山梨のグルメを代表するものといったら、間違いなく「ほうとう」は欠かせない存在だといっても過言ではありません。
ほうとうは山梨を中心にその周辺地域でも実は作られている定番の郷土料理になります。
なお2007年頃には農林水産省によって、ふるさとの味として農山漁村の郷土料理百選に選ばれていたりします。

では山梨で特に有名なほうとうは、一体どんな料理なのか?
まず見た目はまるでうどんみたいな形になっています。
ただほうとうに使われる面は非常に特徴的で、ざっくりと大きく切られています。
そして大きめの平麺に加えて、さまざまな野菜が入っているのも特徴です。
一部の地域によっては小麦粉ではなく穀物を使った麺を使用している場合があります。
さらにほうとうは必ずしもうどんみたいに長い形であるとはかぎらず、短めの生地にしていることもあるようです。

またほうとうはうどんやきしめんなどと違い、塩を一切生地に練りこんだりはしません。
だから面を湯がいて塩分を抜くことがなく、生麺のまま煮込むことになります。
そのためほうとうができあがった頃には、汁にとろみがついているのです。

そしてほうとうの汁は基本的に味噌味となっています。
主に甲州味噌と呼ばれるもので作られることが多いですが、最近では市販の信州味噌などを使ってほうとうを作る人が増えてきました。

ほうとうという料理からはいろんなビタミンを補給でき、さらにでんぷん質やたんぱく質などをバランスよく摂れるとても素晴らしい料理だといえます。
山梨の家庭ではよく大鍋でほうとうが作られていて、自宅でカレーを作るときみたいにまた翌日にも前日に作ったほうとうを食べることがあるみたいです。